FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人旅七日目

 バル城には飛竜がいた。



 が、その飛竜は弱っていた。元気になるには飛竜の谷にある飛竜草をとってこなくちゃならないらしい。

 ビビは早速飛竜の谷に向かった。
 途中いじめられっ子のゴーレムを助けたりしながら飛竜草のところにたどり着くと、飛竜草がモンスター化していた。どんな草やねんっ!

 飛竜草は飛竜花を召還する。飛竜花は花粉を飛ばしてくる。その花粉がそれぞれ「麻痺」・「混乱」・「老化」・「毒」・「暗闇」のステータス異常を引き起こす。食らったらつらいものがあるので、アビリティを「リボン装備」に変えた。

 飛竜花はスリプルが効くので、全員眠らせたところでゆっくりと焼き払ってやった。

f0073662_162141.jpg

 部屋がちょっと反射して写ってる…

 無事飛竜草が手に入ったビビはバル城へ戻り、飛竜に食べさせた。
 飛竜は元気になった。病み上がりの飛竜に、ビビはいますぐ飛ぶようにと命令し、颯爽とバル城を後にした。


 空を飛べるようになったので、この新しい世界を飛び回っていると城を発見した。とりあえず中の宝箱をすべて回収。レビテト入手。


 さらに飛び回っていると、海に大船団が停泊していた。一番大きな船に乗り込むことにした。
 船長のゼザは気前よく船の一室を貸してくれたので、一晩泊まることにした。

 翌朝目覚めてみると、見知った顔の男がやってきた。
 しかも今回は、彼の友人だというエンキドウも一緒だった。

 ポイズンロッド装備の連続バイオで歓迎してやった。

f0073662_1123174.jpg

f0073662_113541.jpg

 しかしビビがギルガメッシュと遊んでいるうちに、エンキドウはひとりさっさとどこかへ行ってしまった。

ビビ
「友達は選んだほうがいいんじゃない?」



 ギルガメッシュもどこかに行ってしまったのでビビはゼザのところに戻った。
 すると、ゼザはビビを自前の潜水艇に案内してくれた。これをビビにプレゼントしてくれるそうだ。なんといいやつだ。
 ただし、条件として、エクスデス城のバリアを破壊するようにといわれた。

 ビビは、まあそれくらいいいだろう。昨日泊めてもらった礼もあるし、エクスデスのところにも行きたいし、と思って承知した。


 バリアの塔に着くと、ゼザはビビに「ひそひそう」という草をくれた。ビビは「ドラえもんの道具に出てきそうなネーミングセンスだ」と思ったが、口には出さなかった。

 塔を上る道すがら、リフレクドナイトからリフレクトリングをかっぱらった。今回は一人旅なので、なかなか落とさないといらいらすることもなかった。


 最上階に着くと、アトモスというモンスターがいた。

 アトモスは、パーティに戦闘不能者がいるときはものすごい勢いでそいつを吸い込み戦線離脱させ、パーティに戦闘不能者がいないときは、コメットを連発する。初期状態でヘイストかかっているから、まさにコメットシャワー。
 たぶんFF5プレイヤーがぶつかる壁の一つ。見た目もかなり怖い。


 が、ビビは全くひるむことはなかった。

 なぜなら、アトモスにはスリプルが効くから

f0073662_1305772.jpg

 眠らせたあと、毒殺した。

ビビ
「だいじょうぶ。安楽死だよ。」


 見事バリアを破壊したので、ビビは潜水艦手に入れた。海底の旅に出かける。


 旅の途中北の湖でカトブレパスを殺る。

f0073662_1355856.jpg

 リボン装備で焼き払った。


 ビビはムーアの大森林という森に着いた。この世界の有名な大森林らしい。
 中に入ると、宝箱がいっぱい落ちていたから、ビビは嬉々として宝を回収した。

 かなり奥まったところまで来たときに、火の手が上がった。誰かが森を焼いているのだ。

 森を焼いたのはエクスデスだった。焼き畑農業を営んでいるらしい。
 ビビはちょっとびっくりしたが、事情を聞いて納得した。それに焼き払われたおかげで見通しがきいて歩きやすくなった

 森の一番奥に着くと、でかい木があった。しかも、木の中に入れた。
 ビビは、「トトロがいるかな?」と、ちょっと期待したが、トトロはいなかった。代わりにクリスタルが襲ってきた

 ほのおの指輪を装備し、アビリティは時空。

f0073662_1461955.jpg

火のクリスタル以外をファイガで焼き払い、火のクリスタルはコメット。


 クリスタルを倒すと、エクスデスが出てきた。
 エクスデスはこのクリスタルが欲しかったみたいだ。焼き畑農業の傍ら、クリスタルの収穫もしているらしい。
 ビビは気前よくクリスタルをあげようとしたのだが、ガラフがじゃまをした。

 エクスデスは怒ってしまった。

f0073662_149943.jpg

f0073662_1494067.jpg

f0073662_1492479.jpg

f0073662_149543.jpg

ビビ
「跳ね返してるからだと思うよ。」


 結局、ビビが丁重に詫びを述べたところ、エクスデスは許してくれた。なおかつ自分の城に遊びに来るようにと言ってくれた。

 それから、ガラフはこのときの一騎打ちで再起不能になってしまい、引退を余儀なくされた。年寄りのくせにがんばりすぎるからだとビビは思った。


 ガラフの代わりにクルルが加わったところで今日はおしまい。



 いくら一人旅だって、レベル50もあれば苦労することなんてそうそうないわな…
スポンサーサイト
プロフィール

三女

Author:三女
ディシディアのおかげでバッツの認知度が上がって嬉しいFF5プレーヤー

管理人に何か連絡・一言等ありましたら、こちらまで

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。